観測史上最も遅い初冠雪2016/10/26 22:00

25日の夜に降った雨が富士山頂では雪に変わり、観測史上最も遅い初冠雪となりました。26日は一転して気温が急上昇し、関東など広い範囲で25℃以上の夏日となりました。

甲府地方気象台は、午前6時に富士山の初冠雪を観測したと発表し、平年より26日、昨年より15日遅く、過去最も遅い観測となった1956年に並ぶ遅さとなりました。富士山頂の午前6時までの最低気温は-7.2℃でした。

初冠雪とは、山頂付近が雪、または白色に見える固形降水でおおわれている状態を、その年の夏以降初めて気象台から望観できた時をいいます。ちなみに東京管区気象台は千代田区大手町にあります。
 
 
2016.10.26.09:00 東京立川/昭和記念公園から望む富士山
 
 
 
 
 
関東地方の最高気温
 
全国の最高気温分布
  
2016.10.27追記
 
2016.10.28追記 雨が降って気温上がらず東京は冬日
 
2016.10.29追記 平年並み?
 
           観測機器:SONY DSC-HX60V