台風21号(関西国際空港水没)2018/09/05 22:02

事前情報があっても‥自然災害には太刀打ちできない‥ましてや‥情報を軽視しては‥身を守ることはできない‥
 
◆以下、2018年9月5日の中日新聞朝刊(中部ローカル)からの引用です‥

 中部6県で死者2人、負傷者110人超 台風21号
 台風21号の影響で、中部地方の各地でも強風による被害が相次いだ。三重、滋賀の両県で倉庫が倒壊するなどし、男性二人が死亡。電線が切れたことなどによる停電も広範に発生した。台風によるとみられる中部6県(愛知、岐阜、三重、長野、福井、滋賀)の死者は2人、負傷者は少なくとも113人。
 名古屋地方気象台によると、愛知県常滑市の中部国際空港で4日午後、最大瞬間風速46.3メートル、最大風速31.5メートルを記録した。滋賀県彦根市では最大瞬間風速46.2メートル、最大風速24.9メートルだった。
 4日午後4時までの総雨量は、いずれも多いところで愛知県豊根村と同県豊田市で129.0ミリ、岐阜県関ケ原町で142.5ミリ、三重県大台町で235.0ミリ。関ケ原町では4日午後2時27分までの1時間に58.0ミリを観測した。
 中部電力によると、愛知、岐阜、三重、長野県などで最大約69万5320戸が停電。平成に入り、三番目に多い規模だという。

◆以下、朝日新聞デジタル 2018.09.05.12:39 からの引用です‥

 台風21号が西日本を通過して一夜明けた5日、各地で爪痕が明らかになった。各警察によると、大阪、滋賀、愛知、三重で計11人が死亡。総務省消防庁のまとめでは、大阪や愛知など21府県で計292人が負傷し、住宅被害は、大阪をはじめ17府県で一部損壊や床下浸水など計317棟に上った。停電は午前10時時点で近畿の約54万戸で続いている。高潮による冠水や連絡橋へのタンカーの衝突で約5千人が孤立した関西空港では、高速船とバスによる島外への輸送が始まった。21号が向かった北海道では強風に見舞われ、大しけになる見通し。
  
2018.09.02 気象情報
 
 
 
2018.09.03 朝の気象情報
 
 
 
2018.09.03 夜の気象情報
 
 
 
 
2018.09.04 朝の気象情報
 
 
 
 
 
 
 
何度も呼びかけたが‥関西国際空港では‥避難対策が不十分だった‥空港は高潮で水没・停電し‥乗客・職員あわせて約8000人が孤立した‥空港にも気象台はあるはずなんだけど‥
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その他の被災状況‥風速25メートルを超えると‥トラックをはじめ‥あらゆるものを吹き飛ばすので‥外出すること自体が危険な行為だけど‥倒木はもちろん電柱も倒れて広い範囲で停電となった‥
 
 
 
 
暴風域から遠く離れた首都圏でも‥街路樹が倒れるほどの強い風が吹き‥相次いで交通機関が乱れた(2018.09.04)‥
 
 
 
 
 
 
2018.09.05‥続報‥報道される情報は被災地域全体のごく一部分です‥
 
 
 
 
 
今後‥東京・名古屋でも起こりうる可能性があることを忘れずに‥
 
 
                台風21号

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cha-o.asablo.jp/blog/2018/09/05/8956931/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。