星空観望会/下栗の里復路編2017/05/04 11:00

GWなので‥いつもよりすこし‥ゆっくり過ごして‥帰路につく‥

2017.05.04.01:46 帰りのミーティング
 
01:57 下山途中の野生動物:タヌキ?
 
02:09 R152秋葉街道へ(後ろの信号は「小中学校前」)
 
02:14 R152のトンネル
 
02:18 R474小川路峠道路(矢筈トンネル)走行中
 
02:44 弁天橋西交差点(天竜川)
 
02:56 飯田IC通過
 
03:10 阿智PAドライバー休憩
 
03:19 恵那山トンネル走行中
 
03:47 恵那峡SA休憩
 
04:12 多治見トンネル走行中
 
04:26 小牧JCT‥小牧方面へ
 
04:26 小牧JCT
 
04:27 小牧JCTの照明塔が無くなった?
 
04:31 小牧IC通過
 
04:33 R41左折
 
04:37 2時間50分で到着‥解散
 
04:53 給油/15.20ℓ/¥1930_
 
05:00 帰宅
  
              Sony DSC-RX100

星空観望会@高原ロッジ下栗2017/05/04 09:00

5月3日~4日に長野県の「高原ロッジ下栗」で行われた‥小牧市天文ボランティア有志による星空観望会レポです。雲が多めの天気予報だったので‥星空撮影メインではなく‥観察風景メインで記録してみました^^;
  
2017.05.03.21:11 到着時の西の空‥月齢7
 
2017.05.03.21:24 観察準備
 
2017.05.03.21:31 ロケーション(高原ロッジ下栗駐車場南側)
 
2017.05.03.21:37 ロケーション(高原ロッジ下栗駐車場)
 
2017.05.03.22:45 コーヒータイム
 
2017.05.03.22:51 空模様NG
 
2017.05.03.23:07 少し星空になってきた!
 
2017.05.03.23:16 観察開始!
 
2017.05.03.23:19 木星も土星も綺麗だったが‥いろいろチェック
 
2017.05.04.00:18 全天‥さそり座付近のみ雲が切れた
 
 
2017.05.04.00:20 天の川も見られた
 
2017.05.04.01:03 なんとか星空に
 
2017.05.04.01:23 雲が流れてきた

2017.05.04.01:34 今夜はここまで‥撤収
 
        Sony NEX-5 + madoka180 & NEX-5FS + UW

星空観望会/下栗の里往路編2017/05/04 08:00

今年は‥しらびそ高原‥ではなく‥下栗の里‥というところで‥星空を楽しもうということになった。出発前には‥パン屋さんからの差し入れもあり‥車4台16名は‥長野県伊那市へと向かった。

2017.05.03.17:30 プラネ集合‥曇り
 
17:53 出発前の朝礼?
 
17:58 出発
 
18:08 中央道へ
 
18:41 屏風山PAで夕食
 
 
19:33 恵那山トンネル走行中
 
19:47 飯田IC~R135へ
 
20:03 R153セブンイレブン休憩
 
20:35 R474小川路峠道路(矢筈トンネル)走行中
 
20:43 R152のトンネル
 
20:48 下栗の里への山道
 
21:00 もうすぐ到着
 
21:08 夕食時間込みの3時間10分で到着
 
21:09 曇天の月明かりに照らされる「高原ロッジ下栗」
 
              Sony DSC-RX100

星を見る会(火星と金星)2017/01/29 19:30

2017年、最初の「星を見る会」は、雨天のため中止となりました。
 
 
天気予報
 
午後4時の空模様
 
                天ボラ@小牧

カノープス観望会@師崎20172017/01/29 10:00

週間天気予報では曇りマークだったが、当日は3月の陽気で穏やかな晴天となった‥しかし‥気温が上がったことなどで‥大気中の水蒸気量が増え‥天気予報的には晴れでも白っぽい空となった。NEX-5フルスペクトル仕様で記録。
 
2017.01.23 週間天気予報
 
2017.01.28 当日の天気予報
 
2017.01.28 予想最高気温:3月の陽気(21時の気温は3℃)
 

諸崎に到着早々‥金星の光が水面に反射して‥幻想的な光景を目にした‥。
 
2017.01.28.20:30 火星(1.1等)と金星(-4.5等)
 
2017.01.28.20:41 火星(1.1等)と金星(-4.5等)
 
2017.01.28.20:48 冬のダイヤモンド
 

カノープスについて(アストロアーツ参照

カノープスは-0.7等級の白い恒星で、その明るさはシリウスの-1.5等級に次いで恒星として全天で2番目です。しかし、あまりに南寄りの空にあるため、北半球の多くの地域(特にヨーロッパ)では見ることさえできません。比較的緯度が低いエジプト、メソポタミア、インドなどでは観察することができたため、結果としてその存在自体は太古から知られていました。

古代中国の政治的中心地となった黄河流域(現代の西安など)では、カノープスは南の地平線すれすれに現れる奇妙な赤い星として知られていました。見えるときもあれば見えないときもあることや、縁起の良い赤い色であることなどから、中国ではカノープスを「南極老人星」や「寿星」と呼んでいます。

南極老人とは、日本の七福神の寿老人あるいは福禄寿の元になった神様で、長寿をつかさどるとされてきました。そのため、この星を見ることは縁起が良いとされ、とくに、一目見ると寿命がのびるという話が有名です。ちなみに、東京や大阪などの緯度は古代中国の中心地とほぼ同じなので、当時と同じ感覚でカノープスを見ることができるかもしれません。
 
カノープスの南中高度
  東京  東経139度34分/北緯35度41分 約2度
  名古屋 東経136度52分/北緯35度11分 約2.5度
  鹿児島 東経130度37分/北緯31度53分 約6度
  沖縄  東経127度26分/北緯25度59分 約12度
 
2017.01.28.21:08 NEX-5+16mm
 
2017.01.28.21:25-35 NEX-5+16mm+Fisheye
  
2017.01.28.21:36 NEX-5+16mm+Fisheye
 
2017.01.28.21:41 NEX-5+16mm+Fisheye
 
2017.01.28.21:45 NEX-5+16mm+Fisheye
 
2017.01.28.21:55 NEX-5+16mm+Fisheye
 
2017.01.28.21:59 NEX-5+16mm+Fisheye
 
2017.01.28.21:00天気図
 
2017.01.28.21:00気象衛星(水蒸気)
 
ロケーション
 
            @愛知県知多郡南知多町師崎