チリ火山大噴火とネパール大地震2015/04/30 20:00

恐ろしくも美しい火山の大噴火や大地震は、私たちが住む地球のごく自然な営み。いわゆる自然の驚異といったものは遙か昔から繰り返されてきたもの。宇宙の時間の流れに対して数十年の人生はほんの一瞬。運の良いものと環境に順応することができたものだけが生き残るというのも昔から変わらないだろう。

■2015年04月22日南米チリ南部にあるカルブコ(Calbuco)火山が約50年ぶりに噴火し、現地当局が非常警報を発令した。【4月23日 AFP】






■2015年04月25日午前11時56分(日本時間同日午後03時11分)ごろネパールでマグニチュード7.9の地震が発生した。米地質調査所(United States Geological Survey、USGS)によると震源は首都カトマンズ(Kathmandu)の北西81キロ、観光名所ポカラ(Pokhara)の東68キロの地点で、震源の深さは15キロ。【4月25日 AFP】







                 地球